忍者ブログ
HOME   »     »  悠通物語の犯人考察って ゲームその他  »  悠通物語の犯人考察って
RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加
2020 .05.31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

あんま納得できる論を見ないんだよな


作者のらむらむさん曰く
第一章(ピアのストーリー)最後までで犯人が分かるようにしている
と言っている。(氏のブログ参照)

つまり最低でも姿が出ている、または名前や概要として名称が出ているとなる

また第二章(エルバーク)のストーリーは真相解明編であるとしていて
第二章のみで出てくるキャラクターが犯人とは考えづらい。

またこういった推理もので危険なのは
こいつはこうだから犯人ではないという考えは危険だということ
例えばネクロビアは最期の場面が描写されていない以上、除外すべきではない。

こうした中で犯人と疑わしい人物を探っていく。


ただ完全に除外できる例は取り除かなくては
犯人候補が多すぎて難しい。
よって完全な除外者をまず列挙する。

エルバーク
本編(※作者曰くex扱いにして真相解明の第二章)の主人公
第一章の最後に悔いていること、時を巻き戻したのはこれが最初だという砂の原理。
また第二章の行動からして少なくとも犯人自身ではないと推測される。

レミ
悠通物語オリジナルの姫にあたる人物
第一章の結末で唯一最期の描写がされている人物
またその際に真犯人の存在について気づいている点、またその犯人に殺害された点から
犯人と接点や面識がある、または犯人の野望を止める驚異になると判断されたと推測できる。
その他の理由として他のミッドエージや主人公勢はは
そういった驚異に晒されていないうえに
無事に悠通大陸から生還している。
よって少なくともレミ自身は犯人ではないと推測できる。

完全な除外者はこの2名と言える。


次に犯人となるのに動機がない人物達

カーネル
エルバークの親友にして主人公勢
悠遠物語の第二話に出てくる錬金術師にあたる人物
第一章でピアと出会ってからの行動と
第二章の行動とで変化があるものの
エルバークやピアに協力的であり事件の阻止に向かっての行動がみられる。
またこのストーリーに沿って進めばバットエンド直行であり、カーネルへの利益は考えづらい。
これは他の主人公勢にも言えることだが、原作に登場している人物が犯人とは考えづらい。
描写されていない野望があれば別だが基本的には故郷や仲間想いの錬金術バカなので
利益があるとは考えられない。
よって可能性は限りなく0に近い。

エレナ
シルミナとの因縁が第二章にて解明された紅蓮華月の魔術師
彼女は原作の第三話、処刑されそうな魔術師にあたる人物。
貴族ではなく基本的には何らかの野望をもってそれを成せる地位にいるわけではない人間である。
設定上高い魔力の持ち主ではあるものの王国軍相手に逃げるだけで精一杯だったり
シルミナ(=1/4王様)に単体では敵わないことからレミを殺害するほどの力は持っていない。
またカーネル同様物語の登場人物なので犯人とは考えづらい。
カーネル同様犯人の可能性は限りなく0に近いと言える。

ミミー
雪山で主人公勢を助けた召喚士の一族
悠遠物語の第四話に登場する生け贄にされそうな召喚士にあたる人物。
無害が服着て歩いてるような人物。
もっとも推理もの的には怪しいとも言えるが。
上記2名と比べると怪しい点は多い(賢者の洞窟前後の行動で真っ先に離脱していることや賢者の石の破壊のために一向を送り届けたとも取れるなど)一方、動機に欠ける。
もっとも竜に近い人物であり竜の願いを叶えようとしていたフシがあり
黒幕とは考えづらい。
可能性はかなり低いといえる。

シルミナ
エレナとの確執は第二章で明らかになったが
家庭的な問題かつ私怨によるもので魔王復活を願うまでとは捉えにくい。
またレミをある程度信用、尊敬していたフシがあり
犯人ではないと推測される。

クロア
顔が整形された以外は第二章でも通常営業の軍人さん。
外様だからかドMだからか、どうにも他のミッドエージからはなめられている模様
賢者の石を徐々に使いこなしたりとさすがミッドエージだけあって実力はあるものの
過去に他国から投降したこと、レミへの態度などから
レミの願いを反古にするタイプではないであろう。
おそらくシスコンマザコンタイプで一番のレミ信者
レミを殺害する動機がなく、国を驚異に晒すとは考えられない。
可能性は限りなく0に近いと言える。


ここからは疑うべき人物

ネクロビア
最期の描写がない(本当に死んだかわからない)
物語のオリジナルを所持しているか、読んだことがある
王から分けられた力により未来が見えるとされているがエルバークは予言の魔法を否定している。
顔を見せていない=誰かと一人二役を演じている可能性もある。
など非常に疑う点が多い。

ゴルモ王
ミッドエージに分け与えなくては一人が受け継げないほどの力を持っている=普通の人間とは考えづらい。
(神族か魔物または獣人の類い?)
レミを試すような行動が見られる、そそのかしているとも見える。
レミはある時賢者の石の欠片を手に入れたことから悠遠大陸に賢者の石があることを確信しているが
その事に対して気づいているようなフシがある。(もしかしたら与えたのはゴルモ王かもしれないが)
またレミを殺害するほどの力があってもおかしくない。


ピア
第一章の主人公
原作の悠遠物語には唯一登場していない
第一章のラストにて大陸崩壊の描写があるが最期の描写はされていない。
最も長くエルバークといたはずの彼女が第二章のエルバークの記憶から完全に消えている。
故郷メモリルのあるピアの住む大陸は魔術に長けるものが生まれやすい土地であるため
天性的に魔法の才能があり、特殊能力も有している。
また前作ではメモリルは精霊の住む町であり悠久時計はここにあった。
物語に登場していないはずの彼女が中心となったはずの第一章なのに結末は物語通りになってしまった。

また半分ネタになるが
スライムなんて倒せないよーといいながら杖で撲殺したり
必殺技はドヤ顔神族の見かけ倒しと比べ非常に強力
果ては師匠であるエルバークを倒し、ミッドエージ3/4=ほぼゴルモ王を一人で退ける
これは魔王以外のなんでもない...

まぁネタ半分マジ半分なのが
エルバークを倒したエンディング2にてエルバークが砂になっている。
ばばあ...じゃないやフリシスの説明曰く神族が使命を全うして消えるときなその体は砂になって大地に還るという。
この場合、エルバークが砂になったということはエルバークの使命を代われるほどにその弟子のピアが強くなりその使命を全うしたとも取れる。
つまりエルバークより強ければエルバークはいらない。
ピアは力で解決する力を手に入れ悠遠大陸を守ってエンディングである。
よって悠遠物語は成り立たなくなり、結末は変わる。
当然、賢者の石は壊れず、魔王は復活しない。

エルバークが母親の時と創造の神から託された使命は悠遠大陸を守ること。
この点を考えるとピアには上記の怪しい点はあるものの
ネクロビアやゴルモ王と比べると犯人説は希薄になる。
直接犯人ではないが主人公である以上、何らかの特殊な関わりがありそうといったところ。

マリネ
記憶喪失はガチらしいが本のオリジナルを所持していて
物語を裏で糸引しているともいえる。
ただ結末を変えてほしいと最初から意見を貫き通しているので
真犯人とは考えづらい。
真犯人に利用されているという点では可能性あり。
とくに体が賢者の石の中にあること
強力な呪いで記憶が封印されていること
神族であること
グランしか無理だった記憶をほぼ持ち越して第二章に入っていること
などから事件への関わりは相当深いと言える。


あとはグラン説、ファニィ説などを見たが
あまり同意できるような点は無かった感じ。
今んとこ個人的には

ゴルモ王=ネクロビア>マリネ>ピア>ミミー>その他
といった推測。
やはり王とネクロビアだけが圧倒的に怪しい。

でもこの事件の犯人よりも
ストーンゴーレムのほうが怖い(確信)

拍手[14回]

PR
Comment
1
無題
ピアはエルバークを倒したあと大陸を守るからこいつは完全に除外される
エルバークもあとから本のことを知るから違うだろう
カーネル エレナも第二章の三話までで違うとわかる
マリネが犯人なら第一章でピアを巻き込む意味がわからない
レミも怪しかったが第二章でこいつは容疑が晴れた
俺はここまでは容疑者ではないと思う

ミミーは怪しいが第一章でピアたちと本気で戦うから可能性は低い
ネクロビアは一章第四話でクロアが殺そうとするときに止める
ゴルモは微妙な感じがする
らむらむが第一章でわかるといってたわりには情報が少なすぎる
シルミナは第二章でエレナに協力するっぽいので今のところは低い
クロアも怪しい
あいつは一人で賢者の石の場所まで行った
でも第一章の言動を見るにこいつも違う気がする

となるとネクロビアとゴルモが怪しいと思う
俺がこいつのどちらかが犯人じゃないかって思う
ネクロ<ゴルモ<<シルミナ<<レミ・ミミー<マリネ<エレナ<カーネル<ピア・エルバーク

2
無題
やはり、ネクロビアは怪しいですよね。なんらかの鍵を握っている人物であろうことは明白でしょう。

上記に挙がっていない人物ではエル以外の神族も怪しめですね。
口の聞けない世界樹管理のフラシスと生き別れの妹がいる月の女神のフリシスは何らかの闇を抱えているであろうことは想像できます。
恐らくは神話大戦で世界を救った神族が、大戦を起こした張本人としてそれぞれ迫害を受けるというストーリーかもしれません。

いずれにしても悠遠物語の著者若しくは著者に深い関係がある人物で悠遠物語の筋書き通りに世界崩壊へ導くべく強い動機のある人物でしょう。
「魔王」はミスリードさせるためのフェイクかもしれませんね。

余談ですが、個人的には第2章で真相解明されても世界崩壊が止められず、第3章で敵対していた人物とも共闘して世界崩壊を阻止するという大団円的なラストがいいなあと思ってたりします。

3
無題
そうですね
今になって思うとピアは使いやすかったですよ
HPやMPが多くてしかも水属性という強い魔法で
以前の考察にクロアとファニーが抜けていましたね
ネクロ<ゴルモ<クロア<<シルミナ<ファニー<カルロ<<レミ・ミミー<マリネ<エレナ<カーネル<ピア・エルバーク
エル以外の神族は考えなかったですね
たしかに怪しいのですが私は犯人だとは思いませんね
あと物語を書いたのがファニーのお父さんで真犯人がファニー説もありますよ
私の妄想が加わるとファニーとネクロは実はグルだった
同一人物だったという可能性はありえるでしょうね

シルミナは仲間になったら嬉しいですね
皮肉だろうけど魔導晶石で火を5に戻しますからw
クロアはどうみても肉弾戦要素が強いので魔法攻撃が好きな私はどうでもいいですかね
レミは仲間になると作者が言っていたのでなるのでしょうね
でも他はどうかといえばやっぱ微妙ですね
ネクロは第一章の最後のシーンで黒幕の可能性が高いので無理でしょうね
ピアたちが苦労してやっとこじ開けられた空間をいとも簡単に開けられるわ
レミがモンスターに殺される直前に強い魔力で操ってるのが犯人だと死ぬ前に言うわ
あれほどの魔力を持ちながらネクロが帰ってこないとはやっぱ怪しいですよ

私はまた第一章からやってピアを最強にしてからやろうと思いました
最後のミッションの約束が果たされていないのを見ると戻ってくるのかと密かに微笑んでいるキモい人間です
エルは使いにくいし第一章でエルに勝って利用権を得られるかと思えば即効終了したし
わざわざスラムで8点セットを買ってがんばったのにあんまりですよねw
できればピアを操作してエルは忠実な仲間として使いたいというのが私の願いですね

第二章はマリネをよく使いました
特にマリネは体が戻ったときにどうなるのか楽しみですよ
物語が終わって戻るのか終盤で戻って元の体で戦うのか
物語が終わらない間に戻ったときは強くなるのかな
それとも弱くなるのか
弱くなるというのはありえないと思うけど
ポケモンのそーなんすをそんなんす事件と呼んだこともあったからなぁw
話がそれたので戻しますね
はたまたマリネは記憶が戻って自らを犠牲にして賢者の石を壊すのか
このゲームはいろいろな憶測ができるので面白いですよね

それにファニーも第一章で全ての町で出会うと考えると怪しいような気もしてきます
もしかしたらファニーとネクロは実は姉妹なのではと妄想もしました
四話まで時間があると思うのでピアを最強にしますよ
アダマンタイトが4倍でも売っていれば即終了するのに
こういう欲しいアイテムに限ってどこにも売っていない
ぼちぼちやるしかないということでしょうかねw
あなたのシナリオも面白いですね
もしそうなったら今度は全てのステータスが5のキャラクターが出るといいですねw

Trackback
Comment form
Title
Color & Icon Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字  
Comment
Name
Mail
URL
Password
プロフィール
HN:
ALUCIA
性別:
非公開
職業:
タンポポに刺身を乗せるお仕事
趣味:
ゲーセン/ゲーム/メール
自己紹介:
Ragnarok Online Olrunサーバ(旧Iris)在住
所属G:Wind 風 他休止G
GvG:Windにて足を引っ張る役目で参戦中(でも今はRO自体休止中!)

ひよわだから狙うなよ!
分かったな?ゼッタイだぞ!
特にレンジャーてめぇは(ry


DragonQuestⅩ 目覚めし5つの種族(Wii版)
メインサーバー 9
キャラクターネーム:アルシア
キャラクターID:SN025-333
メイン僧侶のへっぽこ木工職人


リンク作成時は一報頂けたら幸いです

このページでは、株式会社スクウェア・エニックスを代表とする共同著作者が権利を所有する画像を利用しております。当該画像の転載・配布は禁止いたします。
(C)2012 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

このページ内における「ラグナロクオンライン」から転載された全てのコンテンツの著作権につきましては、運営元であるガンホー・オンライン・エンターテイメント株式会社と開発元である株式会社Gravity並びに原作者であるリー・ミョンジン氏に帰属します。
© Gravity Co., Ltd. & LeeMyoungJin(studio DTDS) All rights reserved.
© GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
なお、当ページに掲載しているコンテンツの再利用(再転載・配布など)は、禁止しています。
カレンダー
04 2020/05 06
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
カウンター
最新コメント
[06/23 名もなきド変態(37)]
[06/19 名もなきド変態(37)]
[06/11 名もなきド変態(37)]
[01/11 名もなきド変態(37)]
[01/09 B子]
最新トラックバック
ブログ内検索
バーコード

Page Top
CALENDaR 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31